幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

お墓を探しに | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

お墓を探しに


父は6人兄弟の長男です。
祖父母のお墓は日野墓地にあります。

が、何年か前に、
両親がお墓を買ったと聞きました。

でも私はそのお墓がどこにあるのか、知りません。

これって困りますよねぇ汗2

それで今日は渋る両親を説得して
お墓探しに行ってきました。

まずはお寺の場所が分からない。

最寄り駅に着いたら父が
「お寺は踏切を渡った向こう側だけれど、
お墓はあっちだ。」
と確信ありげに言い、かつ歩いて行けるというので
駅前にタクシーもいなかったことだし、
10分歩いたところにお寺が。

おぉ、意外にちゃんと覚えてるんだ、
と思ったら…

それは違うお寺だったのですぇ

「お寺の名前が違うよ」
というのに、
父は山の斜面に広がる墓地に
まっしぐらに向かい、
「この辺のはず」
とお墓を探すのです。

一応それに付き合い、
違うと納得がいって駅まで戻り、
あとはもう父の言うことには耳を貸さず、
やっとお寺に辿り着き、

お寺さんにお墓の場所を教えていただき、
びっくりするような急な階段を上って
やっとお墓を発見しました。

とても見晴らしがよい…

けど、写真の通り、階段を上る以外お墓に来る手段はない。

わたしが80歳になったとき、
ここに両親の墓参りに来ることは可能なのだろうか汗

父たちがここにお墓を建てたのは1994年となっていた。

20年前。

父は今でもこの階段を上れるぐらい元気なので、
20年前は、こんな階段苦もなかったんだろうな~。

将来この階段が上れなくなるかもしれないなんて
全く考えなかったんだろうな~。

お墓が自分が思った場所になくて混乱し、
とても不機嫌になっていた父も、
お墓が見つかって、見晴らしもよくて
桜も咲いていたから、
とーってもご機嫌さんになって、
「ここはいつ来てもいいねぇ」
と毎月来ているぐらいの感じのことを言う。

お墓もよく管理されていて、墓石の20年なんて
新品同様なんですね。

次にここを訪れるときのことを考えると
ちょっと切ないけれど、
お墓のある場所が分かってよかった。

帰りはタクシー呼んで駅まで戻った。
鎌倉で遅いランチ。

ガーデンハウスは居心地がよくて、
スタッフさんの対応も素晴らしく、
げっそり疲れた顔になっていた両親も
にこにこ笑顔に戻りました。

どこも桜が満開でとってもきれいだった。


コメントを残す