幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

お節句を祝う | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

お節句を祝う


この記事、昨日のうちにアップしたかったんだけど、
スカイプで打ち合わせしているうちに日付が変わっちゃった

と呟きつつ。

ひな祭りでしたね。

お雛様やひな祭りケーキ、ハマグリのお吸い物の
写真をアップしている方がたくさんいらっしゃいましたねー。

あなたは何かお祝いしました?

昨日は運よく午後の時間が空いたので、
実家へ行って両親とひな祭りをお祝いしました。

夕食の献立に「ハマグリのお吸い物」は欠かせないでしょー
と鮮魚売り場に立ち寄ると、
立派なはまぐりがどっさり売られていました。

「すごいですねー」
と話しかけるともなく声に出したら、
売り場のおばちゃんが

日本人はね、節目を大切にする民族なの。
 3月3日にはハマグリ食べなきゃ、あなた、ダメよキッパリ鉄拳制裁

といって二カーッと笑った。

そうですよね。
節目を大切にする。
そういう伝統、ちゃんと守って伝えていきたい。

私は特に白い鏡だから、
そういう礼儀とか儀式とかたいせつにするといいんだけど、
銀河のマヤ暦知るまでは、
全然大切にしてなかった。
お墓参りもあまりしなかったし。
両親も全くしない人たちなので、
全然習慣としてそういうものがあるとも思ってなかった…

マヤ暦自体は日本の物じゃないけれど、
これを知ることで日本人としての自分とか、
日本の古来の良さに目が向いたな~。

そして日本ってスゴイって思うようになったし、
この国に生まれたことを誇りに思う。

お雛様は出さなかったけど、
お花を飾って


ハマグリのお吸い物を作り、
ほうれん草の胡麻和え、
野菜の煮物、
久しぶりにお刺身。

ちらしずしは出来合いのものだけど、
両親がすごく喜んでくれた。

父方の祖母の得意料理、ちらしずしだったんだよな。
遊びに行くと、ちらしかハヤシライスのどちらかだった…

なんてことも懐かしく思い出しながら、
両親と和やかな時間を過ごした。

節目をお祝いすると、心が豊かになる気がする。
そして、見えない応援団が活気づくような気もする。

コメントを残す