幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

テレクトノン:失われた時間と知識の回復 | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

テレクトノン:失われた時間と知識の回復


『銀河のカメの会』でカメかめを動かしました。

13の月の手帳p26~27に載っている
『テレクトノン』※

『テレクトノン』も、『ドリームスペル』同様、
ゲームをしながら13の月の暦を
より深く理解するためのツール。

かつ、このゲームに参加することで
「失われた時間と知識を回復」し、
「本当の時間と同期してテレパシーの力を開発」しますきらり

せっかく手帳に載っているので、
活用したいですよねakn

ということで、
「テレクトノン」の物語の概略を説明した後、
このセミナーはまずは
手帳の上で動かすコマ作りから始まります。

今回ご参加のお二人は、最近どっぷりマヤ暦にはまり、
マヤ暦を学ぶセミナーにもご参加いただいていたので、
カメやピラミッドの動かし方のコツもすぐ掴めました。

そして、「深い~~」と感心することしきり。

そういえば、お二人とも赤い蛇をお持ち。
赤い蛇はマルデクが担当の惑星。
「なぜマルデクは破壊されてしまったのか?」
その真実を知りたい、というのが
赤い蛇の持つ「真実を知りたい衝動」のもとなんです。

ふたりとも、おぉっ びっくり! 
と感心することしきり。

テレクトノンのホントの醍醐味は、
カメやピラミッドを動かす先にあるんですけどね。

深すぎて、私もまだ活用し切れてませんakn

読んでもわけわからなかったマニュアルも
なんとなく、分かったような感じの部分も
増えてきたかな。
もっと、究めたいな~はーと

次回の『銀河のカメの会』
2月11日(土)に開催です。
内容は、シェアとこよみときのコツ。

テレクトノンは、またご要望があれば、
開くけど、とりあえずは終了です。

※『テレクトノン』はゲームキットの配布は終了していますが、
PANジャパンのこちらのサイト、マニュアルと
組み立てキットが無償でダウンロードできます。
「海賊版」となっていますが、
正式なものと内容は全く同じです。


ライン(緑)セミナー・イベント情報ライン(緑)

☆13の月の手帳活用セミナー 2月2日(日)
 詳細・お申し込みはこちらをクリック

☆銀河のマヤ暦セミナー【応用編3】 2月9日(日)
 詳細・お申し込みはこちらをクリック 
矢印 残席3

銀河のマヤ暦セミナー【基礎編1】 2月16日(日)矢印 残席1
 詳細・お申し込みはこちらをクリック
 同日午後から【基礎編2】もあり。同時申し込みで¥1,000割引き

☆銀河のカメの会 2月11日(土)
 詳細・お申し込みはこちらをクリック 

コメントを残す