幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

田谷の洞窟・九つ井クラフト展 「大人の秋の遠足」 | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

田谷の洞窟・九つ井クラフト展 「大人の秋の遠足」


そまのさん
「九つ井のクラフト展、すっごく楽しいんです。
 一緒に行きませんか?
 近くに田谷の洞窟もあるし、どうですか?」
と誘ってくれた。

芸術の秋だしね。
クラフト展、いいじゃない。
それに、「洞窟」とか「探検」惹かれますかお

で、大船駅に集合して、
初めて、このメンバーで行くのね、が判明。
噂の風音(かのん)さんも一行のメンバーでした。
意外に早く会えちゃうもんですねえへへ…

バス停で既に大笑いをし、
バスの乗り降りでも笑いがあって、
というか、運転手さんがとてもよい方だったので
笑いで済まされた感じ汗

さて、田谷の洞窟

板の先にろうそく点けて入ります。
中は撮影禁止。
ここ、行く価値あるよ~sei


一行の一人、あーともままさん

迷路みたいになっていて、案内版がなかったら
迷子になるね。
腰をかがめないと通れない場所アリ、
階段さがっていくと、
さっき見てたところが
穴から見上げられるようになってたり。

そこここの壁に仏さまが彫られている。
天井には龍や天女もいるし。

見ごたえありましたキラキラ
また行きたい。


心も洗われたあと、
クラフト展へ。
バス停付近にクラフト展ののぼりが
たくさん出ています。

会場の陶芸工房「陶郷(すえのさと)」へ
続く道がステキ。
ちょっと昭和を彷彿とさせる風景。

たどり着いた「陶郷(すえのさと)」で開かれている
クラフト展…
クラフト展
汗

どっちかというと

我楽多市 顔

実用的なお皿や茶碗もいっぱい。
土鍋が個性的。
そして、
あちらこちらに置いてある置物が
実にユニーク。

お庭にこんなのがいるし。
この切ない目がかわゆすハート

全員で「かわいいsei」と「面白いあはは」を
連発してました。

それぞれお気に入りを見つけてゲット。
わたしは

これね、『紙コップ』という題。
他にネスカフェとかあった。

きつねさんの「古くやさしい魔法の生き方」に出ると
このスタバのロゴマーク・セイレーンが出てくるの。
もともとスタバファンだし。
つい買ってしまった汗

この作家さんが出してる作品は、
どれも大笑いでしたよ。
キンチョールとかママレモンを
陶器で焼いていて、¥9,000もするんだけど、
とどのつまりは置物。

遊び心満載というか、遊び心のみ。
これこそアートだねakn

さて、この「大人の秋の遠足」
文章にすると笑いどころが伝わらないんだけど、
笑った。実に笑った。
笑いの神が降臨してた。

が、笑いの神はこんなもんじゃなかった。
遠足はそまのさん家と続く。

コメントを残す