幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

ナポレオン・ヒルとヒュー・レン博士の違い | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

ナポレオン・ヒルとヒュー・レン博士の違い


きつねさんの
連続講義の第1講に出てきました。

講義の場所が開講記念館というのも、
格調高くていいな、ときつねさん。

きつねさんといえば「古くやさしい魔法の生き方」ですが、
この連続講義は「古く~」に対して
りかちゃんハウスと機動戦士ガンダム
なのだという言葉で参加を決定。

面白かった!

確かに「古く~」に比べるとエッジは効いてますが
きつねさんの語り口はやっぱりソフト。
理論や歴史の説明ですが、選ぶ例えが面白いからか、
難しいとか、理屈っぽいとか、そういう感じは全然しない。

「成功哲学の」古典と言われる
ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』に
代表される現代成功哲学の背景についてが語られる。

「そういう流れで出てきたわけね」ということが分かると、
感じる違和感の原因も分かって、なるほどなるほど

じゃあ、古典成功哲学、つまり錬金術はどうなの?

あーーー、そういうことねなるほど

だから、ヒュー・レン博士の『ホ・オポノポノ』は
とても理にかなってるわけ。

聞いていると、なんだかワクワクしちゃう。
ガッテンボタンがあったら、ガンガン押しちゃうところおす


ブロマイド風きつねさんポッ

第1講の最後は、ヘブライ語の聖書を使っての
クリーニング。

わたしが引っ掛かったところを、日本語版で見たら、
1つは「ひとつの言葉を話していた」

もうひとつは、
「だれそれが912年生きた、
だれそれは162歳になったときこどもをもうけた、そして890年生きた…」
といくつまで生きたかの話がいっぱい出てくるところだった。

最初、寿命が来ることに対してとか、
死ぬことに対してコンプレックスがあるのな、
と思ったんだけど、あまりピンと来なくて。

そうしたら、家に帰ってから気が付いた。

「長生きするのがいやなんだ」

うん、長生きしそうな気がする汗

いやぁ、いろいろ分かって、ホントに面白かったキラキラ

講義終了後、一緒に参加していた美香しゃんとランチに。
ランチの場所を探しながら、テキトーに歩いていたら、

なに!? チャラン・ポラン?orange
面白そうなので入ってみた。

眺めもいいし、お店の雰囲気がレトロかつ小洒落てる。

そして、ランチがまぁ、うまうまですかお

今日も一日深かったな。

白い風の13日間のまとめの日に、
スピリットの声をきつねさんを通じて聞いた気がした。

コメントを残す