幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

海を見ながらランチを食べて答えをもらう。 | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

海を見ながらランチを食べて答えをもらう。


1週間ぐらい前だったでしょうか、
かんのん作家そまのさんから
「マヤ的考えて一番切ない数字はなんですか?」
という謎かけがありました。

ふっと思う数字はありましたが、
そこはあなた、わたしの中の『黄色い人』が
「何に使うんじゃ、他との絡みで変わるかもしれん」
などといろいろ思うわけです。

でもって、こーゆーことは会って話すがよろしかろうということになり、
今日のデートと相成りました。

鎌倉の長谷駅で待ち合わせ、
せっかくなので甘縄神明宮にお参り。

灯篭の穴から海が見える~(写真じゃ分からないけど涙

木々が風に揺れてさわさわ音がして、
遠くに光る海が見える。
これこれ、これを味わいたかった。

そしてランチは、麻心へ。

11時15分くらいにお店に着いたら、
ランチは12時からとか。
窓際の特等席に陣取り、海を眺めながら
美酢ジンジャーエール割りを飲んでおしゃべり。

いつの間にか、店内満席。

美味しいにおいと共にランチが出てきた。

ゴハンが白いのに、炭の味で美味しいのビックリ
小鉢の煮物もメインのテンペも、うまうま
かお

さらに、しゃべりにしゃべって
音のお題もクリアし(ここ、あっさりね
汗)、
わたしの頭痛の話から、
「空白」→「微妙にズレてる」→ ん
?orange
について、そまのさんがスラスラ解説をし始める。

そういうときは、そまのさんの龍龍がしゃべってるのだそうな。

なるほど~ええ!!

さてこのときは、
わかんない時は考えるんじゃなくて、
あぁ、これがわかんないんだなー
近いうちにその答えが来るんだなー
と思ってればいい、

ということが分かったのでした。

こりゃ、わたしにとっては
目からウロコでした。

わかんないから考えなきゃ―でしたから。

さんざ長居をしたあと、長谷駅に戻る途中、
あれ、こんなところに鳥居が。
と、階段昇って入ってみたら…

山の神々が祀られているようでしたが、
鈍感なわたしでさえ、「あれ?」と声をあげてしまった。
そまのさんは足が止まっていて、
「だめだ、これ以上近づけない」と。
左隣のお社はもっとビリビリで、
遠くからご挨拶だけしておきました。

ここってなんなんでしょう。

という新たな発見もし、鎌倉まで戻る。

マヤ暦ブレスを組み直してもらいたくて
MANAさんへ。

長くなったので、続きは明日ハート*

コメントを残す