幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

布ナプキンの話を聞いてマヤとの繋がりを思う。 | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

布ナプキンの話を聞いてマヤとの繋がりを思う。


からだコンシェルジュ KOUさんをお招きしての
布ナプキンとボディメンテナンスのワークショップ
』でした。

 
講師のコウさん。
ナチュラル美人さん。ふふふ、わたし好みだわsei

講座は
 
各自の今日聞きたいこと、身体の悩みのヒアリングから始まり、
コウさんが布ナプキンを勧めるにあたっての背景についての話へ。

コウさんのコンセプトは
「自分の身体は自分で守る。」
「自然に還る」

の2つ。 

この軸に合うことを体、食事、身につけるもの、等
あらゆる角度からアプローチしていらっしゃいます。

コウさん曰く、
 肩こりや腰痛でマッサージに行くと
 スッキリする。
 けど、もって1週間。
 悪い時は2,3日でまた痛かったり重かったりじゃないですか?

 そりゃ、そうです。
 不調になる原因を取り除いてないですよね?

 無意識に肩こりになることをやり続けている、
 腰痛を招くことが日常の中にある。
 身体の不調は、身体に不調が起こるようなことを
 あなた、やってますよ
 という身体からのサイン。

 自分でケアをしつつ、
 ときどき専門家にメンテナンスしてもらいましょう。

ですよね汗 

そしていよいよ、布ナプキンの話。

ご存知ですか、経皮吸収の話?

動物は皮膚からもいろいろ吸収します。
その吸収力は身体の部位によって異なり、
腕の内側を1とすると、
頭皮は3.5倍、そして子宮はなんと42倍だそうです。
そして、子宮は命を育むところ。

そんな大切なところに、
ケミカルナプキンを当てていいのかな?

今のケミカルナプキンってすごく進化してるんですね。
ホントに薄く、経血付いても中に取り込んでサラッ。
輝く白さで、香りまでついていたりして…
これってみんな自然じゃないよね。

自然じゃないものは身体を冷やす。

そしてダダ漏れでも安心。
イコール体が怠惰になる。(シマリが悪くなるってこと)

さらには、使い終わった後、ごみに捨てると
それは燃やされてダイオキシンを発生させる。
そのダイオキシンは空気や雨とともに
わたしたちのところに戻ってくる。

そこまで考えたいですね。

 
  
コウさん、いろんな布ナプキンをお持ちくださって、
これはこんな風に使う、と言うのも見せてくださいました。

そして、参加者全員に
オーガニックコットンの布ナプキンをプレゼントプレゼント 
プラスそれを洗う洗剤2回分もわーい

わお、そんなオマケが付いてるって
知らなかった、主催者なのに… すみません土下座 汗
ま、サプライズの方が嬉しいからいいよねべー

閉経後の人も、オーガニックコットンを当てていると、
身体が冷えないんですって。

つまり、生理があろうがなかろうが、
365日、オーガニックコットンを当てておくといいのだそうです。

早速明日から着用しようkirakria* 

お仕事をしていたり、
とても経血が多かったりで
布ナプキンは難しい…
という方にも、初めの一歩の方法を伝授。

ケミカルナプキンの上に
布ナプキンを置くakn
 
直にケミカルなものが触ってしまわないようにするのが
一番大切だから。

家にいるときや、量が少ない時は
布ナプキンで過ごし、
お出掛けや量が多くて心配なときは、重ね技。

これならできそうじゃないですか?

これで、生理痛が軽減したり、
筋腫が小さくなったり、
冷え性が改善したりする方が多いそうです。

たぶん妊娠もしやすくなるんじゃないか、
とコウさんがおっしゃってました。

でも最後にコウさんは
 布ナプキンの弊害を言う人もいる。
 それも一理あるかもしれない。
 
 世の中に悪いものはなにひとつない。
 
 それぞれ、自分が自分の身体によいと思うものを
 ちゃんと選べばいいのだと思う。
とおっしゃった。

このスタンスが好き。
これじゃなきゃダメ、
あれはダメ、
そういうことじゃなくて、
みんな、自分がちゃんと選べばいい

ここ、13の月の暦がやりたいことと同じだぴかっ!
自分の中に答えを探す。
自分のことを人に委ねすぎない。
最後は自分で判断する。

ボディワークについては、
また別記事でレポートします。

 

コメントを残す