幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

「古くてやさしい魔法の生き方」フォローアップに参加 | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

「古くてやさしい魔法の生き方」フォローアップに参加


 横浜元町のハプナさん
きつねさんの「古くてやさしい魔法の生き方」 に参加したのは
6月末のことでした。

この『古くてやさしい魔法の生き方』にはフォローアップセミナーがあって、
これがまたいいとのことだったのですが、
いつも満席でなかなか入れません汗

今回やっと参加してきましたハート

わたしが参加したのはお絵描き編。

ですが、午前中に開催されていたタロット編からの流れで
お隣の方がシェアしてくださった『集団』に対するコンプレックス
わたしにもある、と言われるところから講座スタート。

いきなり、ですビクーッ

お隣の人とは違う角度ですが、
確かに『集団』に対するコンプレックスはあり。

「それを浄化するのには、これがいいね」
と渡されたのが

 

元祖オラクルカードなんだそうですが、
わたしに必要なのは、中身のオラクルカードではなく、
この箱。

ヘビ皮模様が浄化のポイントになるんですって泣

もう引き留めるものはなくなっているのに、
そこの状態から抜けられない…

ヘビは時がこないと脱皮できない。
今はまだ時じゃないから…
その思いをこの蛇皮模様の箱を使って
クリーニングするんです。

面白すぎる~キャー

けど、納得なんですけどね。

そして確かにクリーニングを始めると、
胸が苦しくなりました。
もうちょっとやった方が良さげな感じがしてます。

参加者は全員女性だったので、
ときどき、話があっちこっちに行きます。

きつねさんは辛抱強く待っていて、
口を挟めるタイミングが来ると、
「それで…」
と話の続きを開始します。

さすが、心得ていらっしゃるえへへ…

後半はいよいよお絵描き。

初めての人のお題は
「自分」「植物」「岩または家」
この3つを含んだ絵を描く。

一人一人の絵を、きつねさんが読み解いてくれます。

どの方の絵の解説を聞いても、おぉ~ええ!!

わたしの絵はコチラ。

 
  
さて、
きつねさんはこの絵から、何を読み取ったと思います?

わたしが自分の中にそういう思いがあるとは
全く思っていなかったことだったのですが、
それは
白い鏡の性質に通ずるところでもあり、
ACIMに出合ったのは、これがあるからか、
というようなことでした目。

この絵も浄化します。

浄化してから、同じお題で絵を描くと
全然違ったものになるそうです。

浄化が出来てないと、
同じような絵になっちゃうんですって。
(これからちょいと描いてみようと思ってます。)

面白い、実に面白かった。

これ、また行こうっとかめ


※コンプレックス きつねさんの使うコンプレックスという言葉は
            ユング派の心理学用語。
            感情がくっついてる、みたいな意味だったかな。

コメントを残す