幸せを引き寄せるマヤ暦。自分が本当に求めているものを知ろう
お問い合わせは:info@inlakech.jp

ハーモニック・コンバージェンス | 本来の自分で幸せな人生を生きよう

ハーモニック・コンバージェンス


13の月の暦の手帳やカレンダーを使っていると、
昨日と今日の所になにやら『26』という数字が入っているのに
お気づきかと思います。

これは
ハーモニック・コンバージェンス26周年記念
です。

ハーモニック・コンバージェンスというのは、
ホゼ博士が提唱して
1987年8月16・17日に行われた、
地球規模の大きなイベントです。

これはマヤの「ケツァルコアトルの預言」
基づいています。

ケツァルコアトルは、
マヤの神話上の神さまの名前ですが、
10世紀の終わり実在した預言者の名前でもあります。

これは、「13の天国と9つの地獄」の預言です。
「13サイクルある天国は、西暦843年にはじまって1519年に終わり、
 9サイクルある地獄は、天国の終わった1519年に始まって
 1987年に終わりる。」
というものです。

1519年はマヤを征服したスペイン人コルテスが、
マヤの地に上陸した年。
まさに地獄が始まったとき。
そして、9つの地獄の周期が閉じるのが
1987年8月16・17日と予言されていました。

ホゼ博士は
この預言の成就する1987年8月16・17日に
14万4千人の人が集まって心を合せれば、
『人類は長い物質主義の時代を捨てて、自然に回帰をはじめる』
として、
「ハーモニック・コンバージェンス」(「調和的な収束」「預言が成就する日」)
というイベントを呼び掛けたのです。

ホゼ博士の呼びかけに答えて、
世界各地で盛大なイベントが行われ、
このイベントは大成功を収めました。

このイベントが、世界に「マヤ」を知らしめる
最初のきっかけになっています。

そして、こののち、ホゼ博士は13の月の暦や
それに関するたくさんのゲーム『ドリームスペル』や『テレクトノン』などを
世に送り出しています。

この2日は、地球に心を向け、
自然や地球とリズムを合わせると
よいのではないでしょうか。

コメントを残す